株式専門無料メールマガジン「株ステーション」
カブステ
メルマガ検索
ホームQ&Aメルマガ発行申請
バックナンバー
株初心者の知識箱(000711)
[WEB][バックナンバー]
カテゴリー最新発行日時発行周期読者数
読み物・日記2009/10/13 11:30:01隔週104
株初心者の自分が、日々勉強して身に着けた知識やちょっとしたポイントなどを公開していきます。是非ご覧ください。
E-mail:
E-mail:
バックナンバー
2009/10/13 11:30 メルマガテスト001
**************************
       初心者株知識
        No.0001
       '09/10/13
**************************

##########################
#    第一回               #
#      「ご挨拶と方針」       #
##########################

どうも、はじめまして。
株初心者の発行者が日々取り入れた内容をツラツラと記載し、発行していきます。

第一回の今回は、まず株を知ってもらいます。
そもそも株とは皆さんご存知のとおり、今の日本の経済で欠かせないものです。
でも株とはどのようなものなのか、そのあたりから説明していきたいと思います。

【株とは?】
それではそもそも『株式』とはどのようなもののことを指すのでしょうか?

企業がビジネスを行っていくためには、お店や事務所、営業用の車、パソコン、コピー機、それから会社で働いている従業員への給料など、実に様々なモノが必要です。

それらを維持していくためには、それこそ莫大なお金が必要なのです。

もちろん、それら全てを自分の持っているお金だけで賄うことができれば、それでまったく問題ないのですが、普通はそのようなことをするお金がありません。

そこで、企業は銀行からお金を借りたり、自社の株式を発行したりしてお金を調達します。
株は会社がビジネスを展開するための資金を集めるための1つの方法なのです。

企業は自分のビジネスが成長したら、その見返りとして配当金を出したりします。

また、ビジネスが成長すれば株価も上昇するので、株価が上昇した後に株を売ればその差額を利益として得ることが出来ます。(銀行借入れの場合は、借りたお金に対して利子を支払うとかたちで銀行に恩返しします)

つまり、株式とはその会社そのものだということです。

「株式を買う」ということは、株式を買った分だけその会社のオーナーになるということに他なりません。

株を持っていれば、会社の方向性を決定する「株主総会」に出席することもできます。
例え、小額の投資であっても常に自分はオーナーであるということを自覚しましょう!

個人情報保護ポリシー | 免責事項お問い合わせ
カブステ
Copyright (c) 2005-2015 カブステ