株式専門無料メールマガジン「株ステーション」
カブステ
メルマガ検索
ホームQ&Aメルマガ発行申請
バックナンバー
KA.Blog〜株ログ〜(000131)
[WEB][バックナンバー]
カテゴリー最新発行日時発行周期読者数
株式銘柄情報2018/01/23 14:16:01日刊1110
証券アナリスト、FPなどの資格を保有し、新光証券(現みずほ証券)主催のバーチャル株取引「S-1チャンピオンシップ」において75000人中5位を獲得した筆者が株に関するブログを毎日更新しており、そのメルマガ版です。基本的には中〜長期所有でパフォーマンスが挙げられるような銘柄を紹介しています。
E-mail:
E-mail:
バックナンバー
一番新しい記事 >>
<< 一番古い記事
次の記事 >
< 前の記事
1900 2018/01/21
1899 2018/01/14
1898 2018/01/04
1897 2017/12/29
1896 2017/12/27
1895 2017/12/25
1894 2017/12/23
1893 2017/12/21
1892 2017/12/19
1891 2017/12/11
1890 2017/12/09
1889 2017/12/05
1888 2017/11/20
1887 2017/11/18
1886 2017/11/03
1885 2017/11/01
1884 2017/10/30
1883 2017/10/28
1882 2017/10/25
1881 2017/10/23
1880 2017/10/21
1879 2017/10/19
1878 2017/10/17
1877 2017/10/15
1876 2017/10/10
1875 2017/10/07
1874 2017/10/04
1873 2017/10/01
1872 2017/09/25
1871 2017/09/23
2018/01/23 14:16 [KA.Blog〜株ログ〜 2018/1/23]雨は夜更け過ぎに 後編
★☆★☆【有料メルマガ】お申込募集中!!

「損を減らし、焦らず無理なく細かく儲ける」をコンセプトとした有料メルマガお申込受付中!
(注:ブログ本文で紹介している【ポートフォリオ銘柄】とは別のものです)

▼その他「じょうしょうダルマ」HPより有料メルマガの成績などご確認後、お申し込みください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html

1ヶ月当たり3,240円〜

相場が続く限りチャンスは無限大。
一度お試しください。

※リスク・手数料などにつきましては以下の契約締結前交付書面を参照してください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/teiketumae.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夕方。自分の車の周りの雪かきのために改めてスコップを持って駐車場へと向かいました。すると、私の隣の駐車スペースの女性が黙々と雪かきをしていました。お子さんらしい3歳くらいの女の子が、脇でその様子を眺めています。そして向こう隣のスペースの人に積まれた雪を恨めしそうに、後ろの雪山に積んでいました。帰ってきてみたら駐車場が雪に埋まっていて、駐車スペースを確保できない様子。

私が近寄っていくと「隣の方ですか?」と尋ねられたので「はいそうです」と答えました。私はあまりにも山積みになっているその雪の量が気の毒になったので、何とはなしに隣の駐車スペースの雪かきを手伝いました。女の子が母親に「この人誰?」と非常に当然な疑問を投げかけていましたが、母親も何と答えて良いのかわからずに苦笑いで返していました。

ただ、その雪かきの間も「すみませんねぇ」などと言われることもなく、黙々と雪かきが進みます。雪かきという作業は、人々から感謝の心を奪う冷たい作業なのでしょうか(ーー;)

そう考えながらふと頭をよぎったのは「この人、ひょっとして私が自分のところの雪を積んだと誤解しているのではないか?だから私がここの雪かきを手伝うのは当然と思っているのでは?」と。そう思うとにわかにいたたまれない気持ちになり「いやー、隣の人も酷いことしますよね」なんてわざとらしく違う事をアピールしようかとも思いましたが、あまりにもあからさま過ぎます(ーー;)

「そもそもご覧の通り、私の車はこの通り雪に埋もれたままでございます。私が犯人なわけなど無いではありませんか」と心の中で繰り返し、何とかテレパシー的に伝わらないかと試みていたのですが、当然ながら特段反応はありません。最初に尋ねられたのは「(雪を取り除いた方の)隣の方ですか?」という意味合いで「はいそうです(犯人は私です)」と捉えられたのかも知れません。

やがて、もう一人別の若い女性がやってきて「行こう」と母親に呼びかけました。関係性はよくわかりませんが、そう呼びかけられると母親はスコップを雪山に差して、皆で車に乗ってどこかに行ってしまいました。去り際にもやはり私に「すみませんねぇ」の一言もありませんでした。残された私は途端に止めてしまうのも嫌らしいので、しばらくは隣の駐車スペースの雪かきを続けていました。

すると、その駐車スペースに雪を山積みにした真犯人である、向こう隣のおばちゃんが買い物から帰ってきました。通り過ぎ様に私の顔を不思議そうに眺めて「あれ?ここあなたの駐車スペースなの?」とでも言いたげな感じで、一方でバツが悪そうにさっさと黙って通り過ぎていきました。

後日談として、その後駐車場で偶然隣の母親と顔を合わせた際にも「この前はすみませんでした」などと一言もありませんでした。そんな世知辛い人間関係も明るみになる大雪が、私は本当に嫌いです。(完)


さて、雪にも関わらず上がる日経平均は本日続伸。前日のNYは上院でつなぎ予算が成立し、政府閉鎖の解除を受けて堅調。3指数共に最高値更新となりました。

それを受けた日経平均は朝方から買いが先行。為替の円安や、昼に発表される日銀金融政策決定会合で現状維持が期待されることから次第に買われる展開になりました。昼に現状維持が伝わると、短期筋の円売りポジション買い戻しを背景に円高に振れたものの、次第に円安方向に戻ってくると株価も一段高。18日の高値を上回る場面もありました。14時現在、売買高は10億株台となっています。


投資判断は「やや買い」。先般アメリカの長期金利が昨年なかなか上がらなかったという話を書きました。何故か、ということに関しては、昨年6月頃のブログでも「その理由は色々あると思いますが、一番大きいのは、結局FRBがなんだかんだで膨らんだ国債保有高のうち、償還のきたものを順次新しい長期債券に借り換えているからでしょう」と書きました。

昨年10月からFRBのバランスシートの縮小が始まり月間100億ドル分の債券保有額が減少するように再投資を抑えているのに、まだ金利が下がり続けたというのは奇妙かも知れません。それに関しては恐らくFRBの総保有額4.5兆ドルに対して月間100億ドルペースくらいの減少ペースでは、大勢に影響の無い非常に微々たる数字だからなのでしょう。

一応、今年からそのバランスシート縮小のペースは高まります。FRBは3ヶ月毎に更に100億ドルずつ減らすペースを強めるとしているので、今月からワンランク上がって月間200億ドルペースで縮小となっています。つまり、その分償還された債券が再投資されにくくなってくるので、金利上昇圧力が強まります。ただそれでも相手は4.5兆ドル規模の債券、まだ1%くらいしか減らないことになります。

しかも、18年は17年の倍くらいの償還が見込まれています。しかし結局3月まではまだ月額200億ドルペースでしか減らさないわけですから、結局結構な額をまた再投資せざるを得ません。詳しくは下記の野村證券のレポートの図2を参照していただければと思いますが、となるとまた長期債を結構買うわけですから、大して長期金利は上がらないということになります。
https://www.nomura-am.co.jp/market/report/invest/pdf/233.pdf

一方、アメリカの次に大きなマーケットであるユーロ圏は、今年から量的緩和の額が月間4兆円に減額されますけれど、まだ量的緩和自体は続いています。日本は出口論すら公式的には口にされていません。

となると、18年もまたアメリカの長期金利が上がらない→ゴルディロックス(適温)相場が続いていく、という見立ては可能かも知れません。一方、年3回の政策金利引き上げが見込まれているわけですから、長短金利差は更に縮小していくことになります。

ITバブル崩壊やリーマンショックを予見したとされる長短金利差の逆転は、このペースでいけば今年3回目の利上げが実現したら実現する、ということになるかも知れません。ただ、17年も別に長期金利が終始横ばいで推移したわけではなく、トランプ大統領に対する様々な不安や懸念を背景に9月に一時2.05%まで低下したこともありますから、トランプリスクという政治的な要因次第で突然逆転を迎えるかも知れません。

今のところ突発的な問題が起こらない限り、とりあえずしばらくは大丈夫そうでもあります。2月にFRB議長がパウエル氏に交代した後に債券市場が動揺するかも知れないので、その辺りでまた改めて警戒する必要はあるかも知れません。


新興市場も「やや買い」。本日は各指数共に堅調。アメリカで製薬会社に相次ぐM&Aを受けて、先般急落したそーせいG(4565)などにも買い戻しが入りました。ただ全般的に大型株よりは弱い感じで、本日のところは資金が東証1部銘柄に取られている形。

それでもここから国内も決算シーズンに入っていくことで、決算の早い大型の個別株は買い辛くなる中、小型株への買いが入りやすい環境にあると思います。為替耐性の強い銘柄が多いことも買いやすさに繋がるでしょう。


【ポートフォリオ銘柄】
売りポートフォリオのJPX(8697)は大幅高で高値更新。株式市場が盛り上がっている中でも比較的上値の重い展開が続いていましたが、本日の日銀金融政策決定会合で吹っ切れたのか昨年10月、11月の高値水準を上抜いてきました。こうなってくると売り長の銘柄ですから、売り方にはちょっと嫌な流れになってしまいます。なので傷が浅いうちに本日引けで損切りとします。


さて、本日は一銘柄買いポートフォリオに入れたい銘柄があります。それはカナディアン・ソーラーインフラ投資法人(9284)です。珍しく個別株以外を取り上げてみます。

現在、国内に上場しているインフラファンドは4銘柄あり、海外のインフラファンドとは異なり、現状それぞれ太陽光発電の売電収入のみになっています。そのインフラファンドの上昇が何故か続いています。

正直、本来これだけ金利上昇局面なのに高利回り商品であるインフラファンドが買われる理由はないように思われます。特に足元の全国的な大雪は発電量の減少を呼びかねません。

ただ一つ思うのが、地銀がREITを買い辛くなったので(金融庁からの指導や昨年のREIT下落トレンドなど)、代わりに安全性と利回りの高い商品を求めてインフラファンドに食指を伸ばし始めているのか、と。

この辺りは推察に過ぎませんが、もしそうであればインフラファンドは時価総額ベースで4銘柄合わせてもたった300億円程度しか無く、思いの外買われる展開(あるいはバブルっぽい動き)というのはあるのかなと思ったりします。

それを証明するかのように強いのが日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)の本日の動き。昨日公募増資を発表したのですが、希薄化率が最大69.4%となる同ファンドにしてみれば巨額な投資。ところが、本日何事も無かったかのように価格は最高値圏を維持しています。

株式と異なり、REITやインフラファンドは増資して成長していく他ないので、当然増資は既定路線なのですが、そうは言っても普通REITであれば価格決定の思惑も働いて一旦は下がります。ところが、上がり続ける今回の動きを見る限り、とにかくインフラファンドの数少ない玉を集めよう、という動きがあるように思われます。

また、先般はタカラレーベンインフラ投資法人(9281)が設置自治体からの助成金を背景に予想外の上方修正を発表しましたし、いちごグリーンインフラ投資法人(9282)も昨年分割するなど、本来利回りが高いだけの安定資産なのにも関わらず、なかなか面白い動きを見せています。

そんな中で時価総額が一番大きく、中でも上場してから一番若いカナディアン・ソーラーインフラの方をチョイスしてみました。先般発表された発電量が予想を下回ったにも関わらず、こちらも強い動きを続けています。

高値更新波動のため目標株価は今のところ掲げませんが、今後相場が荒れたとしても電力固定買取制度(FIT)で利回りは確保されていますから、安定的な上昇が続くのではないかと。本日終値で買いポートフォリオ入れとします。


【注目銘柄】
ライク(2462)は大幅高。こちらは今週最初の有料メルマガで買いで取り上げ。本日は7%を超える大幅高となりました。決算が良かったにも関わらず窓を開けて下げ、下値が固まったので狙ってみました。目標株価はまだ上。また目標株価に到達し次第、取り上げ根拠を当欄にて紹介致します。


・・・と、また好き勝手書いていたら文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文をお読みいただき、誠にありがとうございます。なお上記内容は一部前日以前に既発の有料メルマガからの抜粋を含んでいます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。

個人情報保護ポリシー | 免責事項お問い合わせ
カブステ
Copyright (c) 2005-2015 カブステ