株式専門無料メールマガジン「株ステーション」
カブステ
メルマガ検索
ホームQ&Aメルマガ発行申請
バックナンバー
デイトレードで楽々ネット生活・資産有効活用法(000068)
[WEB][バックナンバー]
カテゴリー最新発行日時発行周期読者数
デイトレード2015/01/02 12:00:02市場営業毎472
デイトレで稼ぎ続ける私の考え方と明日上げてくるであろう銘柄を予測し推奨いたします。有料投資顧問会社に負けておれませんよ。これを読めば、安全に株式投資が行えかつ、資産と知識が加速的に増加致します。
E-mail:
E-mail:
バックナンバー
一番新しい記事 >>
<< 一番古い記事
次の記事 >
< 前の記事
0522 2014/12/03
0521 2014/08/09
0520 2014/03/22
0519 2013/12/29
0518 2013/10/13
0517 2013/05/17
0516 2013/04/14
0515 2013/03/27
0514 2013/03/24
0513 2013/02/12
0512 2012/12/31
0511 2012/09/19
0510 2012/08/15
0509 2012/08/03
0508 2012/06/16
0507 2012/06/06
0506 2012/03/15
0505 2012/03/08
0504 2012/02/14
0503 2011/12/31
0502 2011/12/11
0501 2011/11/16
0500 2011/10/18
0499 2011/09/24
0498 2011/09/16
0497 2011/08/13
0496 2011/07/17
0495 2011/06/10
0494 2011/05/16
0493 2011/04/13
2015/01/02 12:00 ●  相場状況により、成績は左右される?  ●
デイトレで楽々ネット生活始めよう・資産有効活用
2015/01/02  第669号
マガジンID:000068
          発行者 : デイトレ情報分析官 未来 優希





●  相場状況により、成績は左右される?  ●




新年、明けましておめでとうございます。

本年も、どうぞ、よろしくお願い致します。


2回に渡って、メルマガで、

ルーレットゲームをやってみる事により、

2つの知識を得る事が出来る。のお話を致しました。

方法に応じて、投入するべき最適な資金量が変化する!と言う事です。


1つは、売買ルールの発見

2つ目は、そのルールに適した資金量の認識、把握


非常に良いと思われる売買ルールであろうと、最適な資金の投入量は、

かなり小さくなるはずです。

ましてや、利益を期待出来ない売買ルールであれば、

大きな資金量を投入するなら、どうなると思いますか?

すぐに目も当てれぬ状況に、追い込まれます。



相場と一時的にマッチする事もあるので、

資金が増える事もあるが、それが続く事は、

非常に考えにくい、どんな売買ルールでも、

一時的であれば、相場にマッチする事があります。

ただ、それが、マッチする年が、多いか?少ないか?だけの違いです。


何も考えずに、買えば儲かる時もあるし、慎重にタイミングを見計らおうとも、

損する時もあります。

ルールが良い、悪い、だけの問題では無く、

相場の状況に大きく左右されるものなのです。

一、相場状況があり、

二、使用する売買ルールがあり、

三、ルールの強みを最大化する、最適資金投入金額がある。


この3つも関係が、利益を得られるか?どうか?を大きく左右している。

1つのロジックを毎年、使用し続けると、利益が

大→中→小→中→大→中→小→中

と順番に入れ替わる。

それは、何故なのか?

毎年、相場が、上昇→停滞→下降→停滞→上昇

を繰り返すからである。

判りやすく一言で言うと、上下運動+停滞するからである。


相場が上下運動し、それにより、

利益幅も、同じように上下運動する。


たまたま、利益が小の年で、そのロジックを使い始めた人は、

あまり利益が出ないロジックだなー、と感じてしまい、

ではもっと利益が出ているロジック、

例えば下降トレンド用や、空売り用ロジックを使用したとたん、

今度は、相場が上昇に転じて、空売りロジックも使えない!と感じてしまう。

「世の中、うまくいかない!」なんて気分に陥ってしまうのです。


ま、そういった事を、一つ一つ、全てを体験し、数十年間、色々と経験を積めば、

そのようなカラクリが存在していたのか?と気付くかも知れないですね?


その頃には、資金も尽き果て、年齢的にもリスクを取るのは、難しくなってるかも。

振り返ってみると、人生、何やってたんだろ?って感じになるかも知れないです。


一、相場の動きを知る
(どんな状況だから?どんなロジックを使用するべきか?)

二、使用するロジックの特性を知る
(強みは何なのか?弱点は何なのか?)

三、ロジックが最も、効力を発揮し続けれる事が出来る投入金額を知る


などを、把握しているつもりでも、なかなか、難しい相場

把握せずに利益を得ようとするのは、

ラスベガスで、スロットマシーンで「777」を狙うのと同じ、

ずっとやっていれば、統計通りに、利益は失うようになっています。




色々と検証し、統計データーから学べることは、非常に多いので、

知り得た事を、ユーチューブに動画をアップしました。

こちらの動画が、参考となると思いますので、チェックしてみて下さいね。

http://youtu.be/-NYmuFt74cQ



そして、統計データーや、23年間の体験から失敗しないように、

一つ一つを、組み立てた知恵と体験の結晶、こちらを参考として下さい。

その方法は↓↓↓↓(NEW)

http://12.pro.tok2.com/~shineworks/tripledelta1/tripledelta1+2/index.html



バックナンバー
http://blog.mag2.com/m/log/0000151972/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

          翌営業日の推奨銘柄は


↓ こちらで紹介しておりますので、チェックして下さいね。

http://shineworksyuuki.seesaa.net/


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


このメルマガの目的・・・


しっかりとした投資プランの作成が出きるようになること。


自己管理が株式投資で成否を左右するので、
しっかりと自分自身を見つめ直す事。


自分自身を知る事により、逆に他の人の心理も見えてくるので、
日々の反省から成長へとつなげていく事。


常に正しい方向へ、アンテナをはる事。


山あり谷ありの株式市場において、失敗したからと言って、
失滅に陥らず、また、成功したからと言って、うかれない事。


日々の気付き、反省、良かった点などを、細かくノート等に、記載する事。


プログラムが自動的に売買して、利益を出し続けてくれるシステムを持つ事。


そのためには、自分自身が、市場の心理を理解していなくてはならない。


(全ての答えは、メールマガジンの中にある。)

-------------------------------------------------------------------------

提供する情報は、投資の参考となる情報の提供のみを目的としたものです。
正確性・信頼度・利益は保証いたしておりません。
いろいろな要因により、株価は動きますので、最終的な判断は自己責任でお願い致します。
投資の勧誘をするものではありません。
損失が発生いたしましても、責任は負えませんあしからず。

 発行責任者:未来 優希(ミライ ユウキ)



無料高機能チャート分析ソフト  http://www.stocknavi.com/screen.php
無料テクニカル分析エクセルソフト  http://tinyurl.com/dexgb3

 お問い合わせ : mizumoto@nike.eonet.ne.jp

このメルマガの配信解除はこちらをクリックしてください。
http://www.kabusta.com/c/q.cgi?e=mizumoto@nike.eonet.ne.jp&mid=000068



     デイトレで楽々ネット生活始めよう・資産有効活用

       発行者責任者 : 未来 優希
        お問い合わせ : mizumoto@nike.eonet.ne.jp



投資専門書店
http://www.tradersshop.com/bin/mainfrm?a=6996



投資用語集を下記に足していきたいと思います。

トレーリングストップとは?
http://deitore.jp/trailingstop/index.html

ペイオフレシオとは
http://deitore.jp/payoffratio/index.html

モメンタムとは
http://deitore.jp/momentum/index.html

最大ドローダウンとは
http://deitore.jp/maxdorowdown/index.html

テクニカル分析とは
http://deitore.jp/technical/index.html

ボリンジャーバンドとは
http://deitore.jp/bollingerbands/index.html

サイコロジカルラインとは
http://deitore.jp/psychologicalline/index.html

出来高とは
http://deitore.jp/dekidaka/index.html

テクニカル分析の見方とは
http://deitore.jp/technical2/index.html

損小利大は儲かるのか?
http://deitore.jp/sonshouridai/index.html

森を見て木を見て、枝を見る感じで、タイミングを計って
http://deitore.jp/sekainagare/index.html

銘柄選定の作業方法
http://deitore.jp/meigarataihi/index.html

自動化ソフトUWSC使い方
http://deitore.jp/uwsc/index.html

個人情報保護ポリシー | 免責事項お問い合わせ
カブステ
Copyright (c) 2005-2015 カブステ